Vol.19 Cadillac PLACE 朝ドラのススメ Vol.19 Cadillac PLACE 朝ドラのススメ

November 20, 2018

ひと皿入魂で54年、8席のみの竜宮城

Vol.19 朝ドラのススメ|HIYOKO

Text by

Taki Masashi

冬ドライブに最良の選択を。Cadillac ESCALADE Platinum

2015年3月に東京と北陸新幹線が行き来するようになって以来、金沢は 〝かがやきバブル〟 に湧いており(かがやきは北陸新幹線最速列車名)、市内名所はどこも常に賑わっている。その金沢、クルマでも案外行きやすい。名古屋からは東海北陸道経由で約230km、大阪からは北陸道経由で約300kmほど、東京からも松本経由なら400kmほどのドライブで加賀百万石の城下町へ。しかも東・名・阪いずれからも高速道、自動車専用道を降りずに金沢東(もしくは金沢西)ICまで行けてしまう。さて、これからのシーズンの問題は雪だ。いずれのルートでも名うての豪雪地帯を通らざるを得ない。冬の金沢ドライブは(タイヤはもちろん)クルマを選ぶ。

キャデラック エスカレードは冬の金沢行の最良の選択だろう。シートはかがやきのグランクラスばりにゆったりとしていて、路面状況がどうあれ悠々と旅を楽しめた。最近、このラージセグメントSUV市場がことのほかにぎやかだが、エスカレードは来年20歳を迎える熟成モデル。オーセンティックで、ならではの風格を携えており、ルレ・エ・シャトー(Relais & Chateaux)で紹介される伝統的で格式高いスキーロッジやリゾートとも通じるものがある。日本でいえば、マリリン・モンローも滞在を楽しんだ、かつての川奈ホテルが近い。その大きさもクラッシーであるがゆえ、なのだ。不意の降雪でもセレクタブル4WDシステムで難なく、2.6t越えの車重すら頼もしい。凍結、除雪で荒れた路面では、マグネティックセレクティブライドコントロールの恩恵を大いに実感できた。連なる峠を越え市街に入れば雪はなく、にしの茶屋街と片町との間にかかる犀川大橋(写真下右)を渡り、金沢に来たことを実感。街なかでは、エスカレードはしずしずとリムジンのよう。やはり意のままに操れ行き先自在な、路上のグランクラスである。

金沢市内、繁華街からははずれた住宅街にぽつんとある『ひよこ』はとても変わっている。メニューはなく、基本的に12,000円のおまかせのみ。ミニマルな店はカウンター8席のみ。席についても「お飲み物は?」などと聞かれず、ライスやパンの用意すら無い。事前に胡瓜とトマトのサラダが小皿で出されるが、飛び鉋(とびかんな)も鮮やかな小鹿田(おんた)の皿に盛られたヒレ肉のステーキと野菜の盛り合わせがすべてである。輪島ご出身の店主、林肇(はじめ)さん(写真下右)は1964年の開店以来、このスタイルを貫いている。今や週末の予約が取りにくい人気店として日本のみならず名を馳せていて、世界中から予約が入るという。

肉も野菜も目の前の鉄板で焼かれる。そのヒレ肉は、あたかも上質な南マグロの赤身のようなねっとりとした食感。噛めば脂の旨味で満たされ、しかしくどさとは無縁。後味も素晴らしく、その至福は変質することなく余韻の彼方に美しく消える。林シェフは下ごしらえで肉をマリネ(写真上左)。上質なヒレ肉はしっかりとしたボリュームで、とてもその価格とは釣り合いそうにない。プロの料理人がカウンターに座ると(全国からひよこ詣が引きを切らないとか)必ずその仕入れルートを訪ねられる。「世界的に和牛の引きが強くなっている今の方が、仕入れが難しくなっている気がします」と林シェフ。ゆえにこの2月まで、ひとり1万円だったが12,000円に値上げせざるを得なかった。

こんな店が、前の東京五輪の頃から変わらずあるのだから金沢は奥深い。カウンター8席のみで続けているのは「この規模なら妥協せずに済みますから」。ああ、その他にもなぜ店名が『ひよこ』なのかとか、完食後に「もうひと皿オーダーできませんか?」と申し出た美女がいたとか、紹介したい話は山ほどあるのに残念!……紙幅が尽きたようだ。『ひよこ』を予約して(予約は電話でのみ受け付けている)、はじめてのお客さんは、例外なくその店構えに驚くという。なんというか、おとぎ話の書き割りというか、ファンタジー映画(園子温作品とか)のセットのようでもある。
亀ならぬエスカレードに乗って、竜宮城ならぬ『ひよこ』を後に。そこでいただいたのは、単に料理ではなかったのではなかろうか。それが証左に、わずか数十分前にあれだけの量をいただいたのに、すでにお腹が着々空き始めている……。それはエスカレードが快適ゆえ、ばかりではなさそうな気がした。

  • HIYOKO ひよこ

    tel.076-263-4054
    石川県金沢市菊川1-34-19
    日・祝 13:00~21:00
    平日 16:00~21:00
    月曜定休
    駐車場:5台分有り
    要予約
    (予約は電話でのみ受け付け)

  • CADILLAC ESCALADE Platinum

    モダンで上質、力強くスポーティー、情熱的で独創的。大いなる進化を遂げた第四世代のフルサイズラグジュアリーSUV。
    6.15ℓ V型8気筒OHVエンジン
    8AT セレクタブル4WD
    全長×全幅×全高:5,195×2,065×1,910mm。
    ¥13,600,000(税込)

※「Cadillac PLACE」に掲載されている記事は、取材当時の内容です。お客様がご覧いただいた時点と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 
BACK NUMBER
  • Vol.19
    ひと皿入魂で54年、8席のみの竜宮城|HIYOKO

    2015年3月に東京と北陸新幹線が行き来するようになって以来、金沢は〝かがやきバブル〟に湧いており(かがやきは北陸新幹線最速列車名)、市内名所はどこも常に賑わっている。 続きを読む