Vol.35 Cadillac PLACE 朝ドラのススメ Vol.35 Cadillac PLACE 朝ドラのススメ

コースサイドのオーベルジュで旅するシェフのひと皿を

Vol.35 朝ドラのススメ|AUBERGE LUMIEA

Text by

Taki Masashi

9ATを得てシャープなNew XT5にて。

群馬県のゴルフ場コースサイドにフランス人シェフが腕をふるうオーベルジュがあるという。「あのゴルフ場のクラブハウスは美味しい」という話は数あれど、オーベルジュは珍しい。Cadillac XT5で山を越えればもう横川、軽井沢という群馬県安中市のレーサム ゴルフ&スパリゾートを訪ねることに。その一角に『オーベルジュ・ルミエア』があるからだ。

安中は高崎の隣りで、その高崎は世界に誇る20世紀建築の聖地である。少林山達磨寺境内にあった洗心亭には、ブルーノ・タウトが2年余り滞在。1958年竣工の群馬音楽センターはアントニン・レーモンドの代表作のひとつだ。何よりそのアントニン・レーモンドが麻布(東京)に建てた住まいを、許しを得て再現した旧井上房一郎邸は市内に現存。高崎哲学堂として公開されており、その佇まいは一見の価値ありだ。

レーサム ゴルフ&スパリゾートは144万㎡を超える敷地に18ホールがゆったりと配されている。そこは日本3大メジャートーナメントといわれる日本プロゴルフ選手権大会も開催されたトーナメントコース。オーベルジュ・ルミエアはクラブハウスとは別棟で1Fがレストラン、2~4Fが44室を擁する客室となっていた。

レストランからは10番ホールが見渡せた。広がるグリーンとゆったり配されたテーブルが心地よい。その日のランチコース、まずサーブされたのはホワイトアスパラとビーツのサラダ(写真 左下)。仏産というアスパラガスは甘く水菓子のよう。ルッコラとピスタチオで香り付けされたヴィネグレットとの組み合わせも絶妙だ。

美食の町、仏リヨン生まれのセルジュ・トルクメさん(写真 左下)はパリでの修業後、世界放浪を経て来日した旅するシェフ。セオリーよりも素材を生かすフレンチが得意でモダンに過ぎることも無く、踏んだ場数ゆえの癒やしというか、わかりやすさがある。イケメンだし実に好感度高めだなぁ、と思ったら2018年末のオープン以来人気で、既に多くのファンを擁しているとのこと。

メインのアンガス牛のフィレ(写真 右上)を頬張ったときにもそれを強く感じた。マダガスカルの黒胡椒と肉汁のソースは申し分無く、カリフラワーのリゾットと黒トリュフが脇をしっかりと固めている。どこか記憶の奥深くを刺激するような、官能的な一皿だった。

パッションフルーツソース、マンゴー シャーベットとブラマンジェを組み合わせたデザートも、南国の風が吹いたかのような味わい。トリップ イン トリップ、いやリゾート イン リゾートとでもいうべき体験ができた。さて、食後には客室を拝見。3室あるスイートの中の1室〝Type.SPA Green〟(写真 右上)では、リゾート内にあるボディトリートメントスパ〝SPA Green〟の施術を部屋に居ながらにして受けられるという。

今年(2020年)に入り、運転安全装備とドライバー支援技術を拡充させ新型となったCadillac XT5。走らせ始めすぐに8ATから9ATになった恩恵を感じることに。よりスムーズにというより、よりシャープになっている。3.6ℓ V6エンジンのフィールすら小気味良い。クルマというのはミッションでずいぶん印象が変わるものだと教えられた。例えば高速道路の追い越しでギアは「D」のままアクセルを踏み込んだ際、レスポンス、加速ともに明らかに向上している。それでいて、その際の静粛性も申し分ない。

その日はオーベルジュの前で、通りがかった30歳代とおぼしき男性ゴルファーに「キャデラック、かっこいいですね」と話しかけられた。帰路、高速道路のSAでは、親子とおぼしき男性二人連れがXT5を前に何か話し込んでいた。
前述アントニン・レーモンドは米人建築家、フランク・ロイド・ライトのもとで学び、ライトとともに帝国ホテル建設のため来日、そのまま日本に留まりモダニズム建築を多く残している。
Cadillacもまた名だたるライト建築同様、よきアメリカのクリエイティブの結晶であり、果実だ。そのクルマとしてのたたずまいには、まだまだ評価の余地がある。XT5とともに一日を過ごし、そう確信した次第である。

  • オーベルジュ・ルミエア
    AUBERGE LUMIEA

    tel.027-382-7600
    群馬県安中市安中5853
    レーサム ゴルフ&スパリゾート内ランチコースは
    当日9:00迄に要予約 3,500~4,500円
    今回紹介したアンガス牛フィレ等はアラカルトメニュー。
    オーベルジュは IN 15:00~20:00、OUT ~12:00

  • Cadillac XT5 Premium

    新型となったXT5は、エレガントな外観と
    洗練された乗り心地のPremium(6,500,000円:税込)の他、
    精悍なエクステリアとスポーティーな走行性能を備えた
    Platinum Sport(7,850,000円:税込)をラインアップしている。

※「Cadillac PLACE」に掲載されている記事は、取材当時(20年2月)の内容です。お客様がご覧いただいた時点と情報が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 
BACK NUMBER
  • Vol.35 群馬県安中市
    コースサイドのオーベルジュで旅するシェフのひと皿を|AUBERGE LUMIEA

    群馬県のゴルフ場コースサイドにフランス人シェフが腕をふるうオーベルジュがあるという。「あのゴルフ場のクラブハウスは美味しい」という話は数あれど、オーベルジュは珍しい。Cadillac XT5で山を越えればもう横川、軽井沢という群馬県安中市のレーサム ゴルフ&スパリゾートを訪ねることに。その一角に『オーベルジュ・ルミエア』があるからだ。
    続きを読む