初のコンパクトSUV「XT4」の走行性と安全性とは? 初のコンパクトSUV「XT4」の走行性と安全性とは?

初のコンパクトSUV「XT4」の走行性と安全性とは?

July 9, 2021

キャデラックXT4は、コンパクトSUVという枠に収まりません。サイズこそコンパクトではありますが、その中身はキャデラックが長年に渡り培ってきた高い走行性と安全性を備えています。

XT-4 走行シーン

搭載されるのは、2リッター直列4気筒DOHCターボエンジン。最高出力230PS、最大トルク350Nmを発生します。リッターあたり100PSを超えるこのターボエンジンは、自然吸気式(NA)にも匹敵するスロットルレスポンスが特徴。その一方、低負荷時などでは4気筒のうち2気筒を休止するほか、スタート/ストップ機能も備えるなど燃費効率と高性能を両立しています。

駆動方式は、前後アクスル間のほか後輪左右のトルク配分も制御するツインクラッチAWDシステムを採用。9速オートマチックトランスミッションを介して、滑りやすい路面からスポーツ走行まで状況に応じて安定したコーナリングを実現します。

XT4 ドライブモード

ドライブモードは「ツーリング」「AWD」「スポーツ」「オフロード」の4種類を設定。通常使用する「ツーリング」では燃費性能を優先し、プロペラシャフトから後方の駆動系を切り離すことで前輪駆動として走行するのも特徴です。

また、「スポーツ」には減衰力を最適化するバリアブルリアルダンピング サスペンションが功を奏し、ダイナミックかつスポーティーなハンドリングによりドライビングそのものを楽しませてくれます。

XT-4 コーナリング

もちろん、最新の予防安全技術も採用。アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシスト、サイドブラインドゾーンアラートやエマージェンシーブレーキなど、20以上の最新の安全技術により、ドライバーをサポートします。

その他、フロントウインドウに必要最小限の情報を伝えるヘッドアップディスプレイや、ルームミラーには広く後方を映し出すリアビューカメラも装備。シンプルかつ機能的に情報を表示させることでドライバーのストレス軽減につなげます。

XT-4

扱いやすいボディサイズに安全面も充実したXT4。そしてコンパクトSUVだからこそ可能になる機動力によってオーナーは身近に“プレミアム”を感じることになるでしょう。是非、実車でご確認ください。

  • XT-4

    【SPECIFICATIONS】

    キャデラック XT4

    ボディサイズ:全長4,605×全幅1,875×全高1,625mm
    ホイールベース:2,775mm
    エンジン:直列4気筒DOHCターボ
    総排気量:1,997cc
    最高出力:169kW(230PS)/5,000rpm
    最大トルク:350Nm(35.6kg・m)/1,500〜4,000rpm
    トランスミッション:9速AT
    駆動方式:AWD

    【メーカー希望小売価格(税込)】
    XT4 プレミアム:5,700,000円
    XT4 スポーツ:6,400,000円
    XT4 プラチナム:6,700,000円

    ※撮影車両:XT4 スポーツ

 
BACK NUMBER
  • July 9, 2021
    初のコンパクトSUV「XT4」の走行性と安全性とは?

    キャデラック初のコンパクトSUV「XT4」。キャデラックが長年にわたり積み重ねてきたSUVにおける技術を結集して造られるXT4は、若手デザイナーが指揮を執り、力強い存在感を主張。彫刻的なボディラインは光の反射によって様々な表情を見せる美しいサーフェイスデザインを採用し、大胆かつスポーティな印象に仕上げられました。


    続きを読む