キャデラック XT6 & XT5 キャデラック XT6 & XT5

キャデラック XT6 & XT5

February 24, 2021

WINTER DRIVE 動画で知るキャデラックの個性
安心と安全に導くAWDシステムの効果

キャデラックのプレミアムSUV「XT6」と「XT5」シリーズは、高い走行性能と快適性以外に、悪条件下での使用も考慮して最新のモードセレクト付きインテリジェントAWD(4WD)システムが与えられています。

これは走行状況や路面変化に応じて、常に安定したコンディションを保つために用意されたキャデラックが誇る最新技術。「ツーリング」「AWD」「スポーツ」「オフロード」の4種類用意されるドライブモードのうち、ツーリング以外は基本的に4輪駆動となり、悪路や雪道など、あらゆるシーンを想定して効果的なセッティングが施されています。

【GIF_01】

その制御は1秒間に100回(10ミリセカンド秒)という早さで状況を読み取り、前後トルク配分を最適化、一般道から高速道路はもちろん、悪路や雪道まで対応し、常に安定した走行性を確保するよう努めます。

特にウインターシーズンにおいては、目的地に近づくにつれ状況が変わりやすい一般道や高速道路などでは「AWD」モードが最適。外気温の低下に伴い、徐々に路面に現れる雪道の変化に対してドライバーが気づかないほど、ごく自然に制御を続けます。

【GIF_02】

また、スキー場や温泉街など、場所によっては悪条件が重なることもウインターシーズンではあり得ます。そんな時は「オフロード」モードがお奨め。一般道でも圧雪の違いによってできた凸凹するような路面でも瞬時に対応、快適性を維持したまま頼もしい走りで目的地まで導いてくれるでしょう。

【GIF_03】

そして、XT5 Platinum Sportには、トルクベクタリング機能を搭載したアクティブヨーコントロール機能付きのスポーツチューンドAWDシステムが搭載されています。これは、左右後輪の駆動力を制御することで、よりシャープで安定したコーナリングを実現するというもの。こうしたウインターシーンでも功を奏し、ドライビングそのものを楽しませてくれるので、ベテランドライバーをも虜にさせるでしょう。

その他、「ツーリング」モードを選択した場合は、主に燃費の向上を目的にプロペラシャフトから後ろ側を切り離して前輪駆動で走行、快適性もさらに高まります。

【GIF_04】

このような美しい雪景色を満喫するにもインテリジェントAWDシステムが一役買ってくれることは間違いありません。車両の安定感が増すだけでなく、乗員すべての安心感にもつながり、シーンを選ばずして快適にドライブをサポートしてくれます。

美しい雪景色を満喫するにもインテリジェントAWDシステムが一役買ってくれることは間違いありません。車両の安定感が増すだけでなく、乗員すべての安心感にもつながり、シーンを選ばずして快適にドライブをサポートしてくれます。

  • 【SPECIFICATIONS】

    キャデラック XT6 プラチナム

    ボディサイズ:全長5060×全幅1960×全高1775mm
    エンジン:V型6気筒DOHC
    総排気量:3,649cc
    最高出力:231kW(314PS)/6,700rpm
    最大トルク:368Nm(37.5kg・m)/5,000rpm
    トランスミッション:9速AT
    駆動方式:AWD
    車両重量:2,110kg
    車両本体価格:8,850,000円(税込)

    キャデラック XT5 プラチナム スポーツ

    ボディサイズ:全長4825×全幅1915×全高1700mm
    エンジン:V型6気筒DOHC
    総排気量:3,649cc
    最高出力:231kW(314PS)/6,700rpm
    最大トルク:368Nm(37.5kg・m)/5,000rpm
    トランスミッション:9速AT
    駆動方式:AWD
    車両重量:1,990kg
    メーカー希望小売価格:7,850,000円(税込)

 
BACK NUMBER
  • July 9, 2021
    初のコンパクトSUV「XT4」の走行性と安全性とは?

    キャデラック初のコンパクトSUV「XT4」。キャデラックが長年にわたり積み重ねてきたSUVにおける技術を結集して造られるXT4は、若手デザイナーが指揮を執り、力強い存在感を主張。彫刻的なボディラインは光の反射によって様々な表情を見せる美しいサーフェイスデザインを採用し、大胆かつスポーティな印象に仕上げられました。


    続きを読む