驚きが見方を変える。アメリカ車「4つの、真実」 驚きが見方を変える。アメリカ車「4つの、真実」

style May 22, 2017

驚きが見方を変える。アメリカ車「4つの、真実」

あなたは知らない、アメリカ車の真実。

アメリカそして世界において、クルマの進化をリードする最先端のブランドとして知られるキャデラック。
現在のキャデラックとはどんなブランドか。その真実をお伝えします。
そしてぜひご試乗いただき、ご自身の運転でお確かめください。

01

”アメリカ車はパワーがあるぶん、ガソリン代も凄そう” パワーは凄いですが、
ガソリン代は凄くありません。

キャデラックは高効率エンジンや車体の軽量化などによって、パワーと燃費を両立しています。
たとえばキャデラックのセダンモデルCT6は同クラスの国産車よりも燃費効率に優れています。

02


”アメリカ車は大きいから、走りが重いんじゃない?”

独自の軽量化技術で、走りは驚くほど軽快。
試乗してお確かめください。

たとえばCT6は同じフルサイズセダンのドイツ車と比べて、全長で上回りながら、車両車重で下回っています。
この驚くべき軽量化技術によって、クラスの常識を超えた軽快な走りを実現しています。

03


”日本の道路で左ハンドルって本当に大丈夫?”

右ハンドルの時より右折は慎重に。
左ハンドルならではのメリットも。

右ハンドルの時より右折は注意が必要ですが、さまざまな安全装備があなたのドライブをサポートしています。
車線からの逸脱時に警告する「レーンディパーチャーウォーニング」や、衝突の危険が近づいた時に座席が振動して警告する「セーフティアラートドライバーシート」、さらに360度の映像でバックでの駐車や縦列駐車をアシストする「サラウンドビジョン」など、多彩な安全装備により運転の苦手な方でも安心してドライブをお楽しみいただけます。
また左ハンドルならではのメリットとして、たとえば以下の点が挙げられます。

・縦列駐車しやすい
・左折しやすい
・左側への合流がしやすい
・歩行者や道沿いの建物がよく見える

04


”アメリカ車の安全性って、他の輸入車と比べてどうなの?”

世界に先駆けて最高レベルの
安全装備を採用するのが、伝統です。

最新のラインアップにもいち早く高度な安全装備を導入しています。
一般乗用車では世界初のシステム「セーフティアラートドライバーズシート(警告振動機能付)」やレーダーとカメラで前走車をモニターし、適切な車間距離をキープする「アダプティブ・クルーズ・コントロール」、そして、側面衝突でドライバーと乗員の頭部がぶつかる事を防ぐ世界初のフロントセンターエアバッグシステム*などが採用されています。

またキャデラックCT6に標準装備されている夜間の事故防止のための歩行者や動物を検知するシステム「ナイトビジョン」も既にいち早くキャデラックが採用した装備であり、さらに遡れば、今では当たり前の装備となっているエアバッグも他社に先駆け実用化に成功したのも、世界で初めてラミネーテッド・ガラスを採用したのも私たちアメリカ車でした。
優れたドライビングパフォーマンスを誇りながら、高い安全性を追求する。それが私たちの伝統です。

*フロントセンターエアバッグシステム搭載モデル:ESCALADE