THE STYLE OF CADILLAC THE STYLE OF CADILLAC

August 20, 2018

THE STYLE OF CADILLAC

THE STYLE OF CADILLAC

その生き方に、スタイルはあるか。

ファッションとは、一時の流行。
スタイルとは、時に磨かれ、受け継がれるもの。
CADILLAC XT5 CROSSOVER。
このクルマがまとうのは、1902年のアメリカに生まれて以来、
絶えず大胆な挑戦を重ねてきたキャデラックというスタイルの最新形。
アメリカンラグジュアリーを物語る、力強さと洗練を宿したデザイン。
街を駆ける姿を目にするたびに、あなたは問われるだろう。
その生き方に、スタイルはあるか。

バーニーズ ニューヨークとの
コラボレーションが実現。

「スタイル」をテーマにXT5 CROSSOVERの魅力を切り取る
「THE STYLE OF CADILLAC」。
キャデラックはそのパートナーに、1923年ニューヨーク・マンハッタンで創業し、
常に刺激的で新しいスタイルを発信し続ける
バーニーズ ニューヨークを選んだ。

いつの時代も世界を魅了してきた
キャデラック・デザイン。
その進化の最先端、XT5 CROSSOVER。

時代を先取る斬新なデザインで多くのファッションアイコンやセレブリティに愛され、
モード誌やハリウッド映画にもたびたび登場するなど、世界のファッションカルチャーを彩ってきたキャデラック。
その進化の最先端、XT5 CROSSOVERがまとう魅力を、
ニューヨーク在住経験を持つ人気スタイリストとのコラボレーションで切り取る。
テーマは「アメリカンラグジュアリー」。

  • img img
  • img img
  • img img
  • img img
  • img img
  • img img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img

CADILLAC XT5 CROSSOVER
X
NAOKI IKEDA

仕事も、ファッションも、クルマも、常に手入れしてブラッシュアップしていく。それが『スタイル』だと思う。

キャデラックがまとうアメリカンラグジュアリーの魅力を切り取った「THE STYLE OF CADILLAC」。
ファッション業界の注目を集め、ニューヨーク在住経験を持つスタイリスト・池田尚輝は、
どのようにコーディネートを作り上げたのか?

01「アメリカンラグジュアリー」というスタイルを、
どうコーディネートに落とし込んだ?

XT5 CROSSOVERのスタイリングとアメリカンラグジュアリーという言葉からイメージしたのは、アメリカらしい力強さや軽快さと、洗練された美しさや上質感といったものでした。これをどうアウトプットしていくか。たとえば昼間の建物の前でのカットでは、まず誰もが思い描く知るアメリカらしい若々しさを出すため、Gジャンを取り入れました。同じデニムでもボトムスではなく、トップスでチラリと見せるくらいのさりげなさがこのクルマにはふさわしいと思います。そして力強いブラウンの革のワークブーツ。それにグレンチェックのコートやボーダーのインナー、ネイビーのチノパンなど、上品で洗練されたアイテムを組み合わせ、キャデラックならではのアメリカンラグジュアリーを表現しました。

02スタイリストの目から見た、
CADILLAC XT5 CROSSOVERの魅力は?

エクステリアの力強さと、インテリアの洗練された優美さ。異なる価値観がクロスオーバーするニューヨークと共通するものを感じます。特にインテリアは高級感があってレザーの組み合わせも美しいし、ドアノブも彫刻的で綺麗ですね。インパネの表示も情報が整理されていて見やすいです。このクルマには成熟した大人の魅力があるので、大人の男性はもちろんですが、案外若い男性が背伸びして乗る感じも良さそうですね。女性ならピンヒールを履くようなクールで格好良い人に似合いそうです。乗ってみると、走りは俊敏で躍動感を味わえる一方、乗り心地はサルーンのようにゆったりとしていて、心からくつろげました。

03池田さんにとってスタイルとは。
そして「Dare Greatly(大胆な挑戦)」とは?

スタイルとは、常に自分の価値観と時代をすり合わせること。たとえば「白シャツとデニム」と決めている人なら、時代に応じてサイズ感やシルエットを変えていかないと。いま本当にそれが正しいのか、見極められる自分でいたいと思います。仕事でも何かに引きずられていないか、過去の成功体験だけでやっていないかを常に考えています。キャデラックもブランドを見直し続けてきた結果として、XT5 CROSSOVERが生まれたのではないかと思います。ずっと興味があって勉強しているのは、建築や空間デザイン。いつか家やホテルのプロデュースができたらと思っています。刹那的な価値を追い求めるファッションと、タイムレスな価値を提示する建築。まったく真逆の世界ですが、世間の常識や自分のセオリーにとらわれることなく、大胆に挑戦していきたいですね。

池田尚輝 Naoki Ikeda

1977年、長野県生まれ。スタイリスト・坂井達志氏に師事し、2000年独立。メンズファッション誌を中心に活動後2005年にNYへ移住。一年後の2006年に帰国し、日本でのスタイリスト業を再開。現在はファッション誌、広告、テレビなど幅広いフィールドで活躍中。

Cadillac XT5 CROSSOVER Platinum

直噴3.6ℓ V6エンジン+8AT、そしてキャデラック初となるジョイスティック電子制御シフター採用のモダン&ラグジュアリーSUV。
全長×全幅×全高=4,825×1,915×1,700㎜ ¥7,549,200(税込)

The Art of Cadillac 以外にも、
様々なCadillac NEWSを随時配信中です。
この機会に是非、
Cadillac Mail Magazineにご登録ください。